副作用

病院やエステで行う永久脱毛の施術内容によっては、肌への負担が大きくて副作用を引き起こる場合があります。主な症状は乾燥肌や火傷、色素沈着があり、稀に多汗症や臭いを発生する可能性もあります。

病院の施術は副作用のリスクが高い!?

一般的に永久脱毛と呼べるのは病院の施術に限られますが、強力な脱毛効果を得られる反面で副作用のリスクも高くなります。レーザー脱毛は威力が強いため、出力の加減を間違えると火傷のリスクが高くなります。ニードル脱毛も毛穴からバイ菌が入り込みやすい施術になります。

エステサロンで行う光脱毛はレーザー脱毛よりも威力が弱いため基本的には火傷の心配は考えにくいものですが、質の悪いエステでは出力の加減をきちんと考えるエステティシャンが担当するとは限らないため、火傷を負う可能性が高くなります。

セルフケアが大事

セルフケアが大事エステや病院では施術直後に保湿を実施してくれる場合が多いものですが、その時だけ保湿をしても意味がありません。バリア機能が弱っている状態にあるため、自宅でもセルフケアをしっかり行う必要があります。

きちんと指導してくれるはずですが、教えてくれない場合はこちらから質問をして正しいセルフケアについて確認してください。基本的には肌の水分を失わせないように保湿ケアを行うため、顔に行うスキンケアを同じようなケアを心がけてください。バリア機能を一刻も早く回復させるためにも、規則正しい生活を心がけましょう。

不快な症状のリスク

脱毛施術を行った方の中には多汗症や嫌な臭いを発するようになったと訴える方もいます。多汗症になる原因として考えられるのは、脱毛処理をして汗腺を刺激するため大量に汗をかきやすくなった事です。汗を大量にかいて皮膚に存在している菌と混ざり合って嫌な臭いを発している可能性もあります。

光脱毛やレーザー脱毛を実施している方に多く見られる症状のため心配な場合はできるだけ早めに医師へご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です