永久脱毛の原理


電気針やレーザー、光の中でどの脱毛法を選ぶべきか迷っている方は、どのようにして毛が生えてくるのか、永久脱毛ができるのか原理を知ることが大切です。自分に最適な脱毛法を判断するためにも参考にしてください。

毛の生える仕組み

私達の毛は一定の周期で生まれ変わっていて、体の部位によって生え変わるサイクルが異なるものです。毛の生え変わるサイクルは毛周期と呼ばれています。

毛周期は成長期と退行期、休止期を繰り返しており、皮膚の上に見えている状態の毛は成長期にあります。成長期には毛根組織から栄養を取り込んでどんどん太く長く成長していきます。ある一定期間を過ぎると徐々に退行して自然に抜け落ち、また新たに成長するまでの期間は小休止しています。

永久脱毛の原理

永久脱毛の原理永久脱毛が実現する現地は、毛を成長させる毛根組織にダメージを与えるためです。ダメージの度合いによって永久脱毛の効果が異なりますが、最も大きなダメージを与えて理論上は二度と再生できない状態にできるのは電気針脱毛になります。

電気針脱毛は毛が生えている毛穴に絶縁針を入れて電気を流して毛根組織を破壊させます。この段階で確実に毛の成長が不可能になるため、毛が抜けていきます。

レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応するレーザー光で毛根組織にダメージを与えます。かなり強い威力の光なので、毛を成長させる機能を完全にストップさせることが可能になります。

光脱毛もレーザー脱毛と同じ原理ですが、威力が軽減されているため確実に永久脱毛効果を発揮するものではありませんが、ダメージを与えて大幅に成長を遅らせることができます。

自分に合う脱毛法の選び方

永久脱毛の仕組みがわかれば自分にはどんな脱毛法を選ぶべきか判断しやすくなります。例えば生えている毛量が少なくて細い場合は光脱毛やレーザー脱毛よりも電気針脱毛の方が効果的な場合がありますし、部位によって複数の脱毛法を使い分ける選択肢もあります。

複数のエステや病院でカウンセリングを受けて最適な脱毛法を検討するのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です