永久脱毛クリームとは?


ムダ毛処理をする方法として使用する脱毛クリームは、永久脱毛クリームとして活用できるのかと考える方もいますが、目に見える毛を溶かしているだけで永久脱毛にはなりません。

脱毛クリームの仕組み

手軽に自分でムダ毛を処理できる方法として注目されているのが脱毛クリーム(除毛剤)です。毛が気になる部分に塗るだけであっという間にツルツルの素肌になれるという商品ですが、実際のところは目に見えている部分の毛を処理しているだけなのでカミソリで剃っているのと同じ処理になります。

脱毛クリームは毛のタンパク質を溶かす特殊な成分が配合されていますが、あくまでも作用するのは目に見えている部分の毛に対してなので、肝心の毛の成長に関わる毛根組織には作用しません。しばらく経つと毛が成長してくるので、結局は再度処理しなければいけないため永久脱毛とはいえません。

使いすぎに注意!

使い過ぎに注意脱毛クリームはとても簡単に素肌がキレイに仕上がり、従来のカミソリや電気シェイバーの処理に不満を抱いていた方にとっては便利な商品です。肌に優しいと言われている商品も多いですが、毛のタンパク質を溶かすほどの強力な成分を含んでいるため肌に全く負担を与えないとは考えられません。

実際に脱毛クリームを頻繁に使いすぎて肌トラブルが続出する事例も多いため十分注意が必要です。

永久脱毛は毛根組織に作用しなければいけない

そもそも永久脱毛効果を得るためには、毛の成長に作用する毛乳頭などの毛根組織にダメージを与える方法でなければいけません。脱毛クリームでは毛根組織にダメージを与えられないため、定期的に処理を繰り返さなければいけない方法になることを覚えておきましょう。

長期間脱毛処理を避けるには、電気針脱毛やレーザー脱毛、光脱毛が有利になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です