電気針脱毛


電気針脱毛は確実に永久脱毛効果を得たいと考える方にとって最適な方法になります。毛穴に針をさして電気を流すためとても痛くて、処理した部分のトラブルを起こしやすい面もあります。施術者のテクニックも必要で、施術時間がかかり、コストも高い脱毛法です。

電気針脱毛の特徴

電気針電気針脱毛は電気脱毛として最も古い処理方法です。かつてはエステでも電気針脱毛を行っている店舗がありましたが、現在は確実に毛根組織を破壊できる処理方法なので医療行為にあたるとされ、医師がいる病院でしか施術できないことになっています。

ムダ毛が生えている部分の毛穴に細い絶縁針を挿し入れて、弱い電気を流します。施術者の高い技術力が要求されるため、できるだけ施術の実績数が多いところを探す必要があります。

電気針脱毛のメリット

永久脱毛効果として最も確実に実感できる方法になります。一度処理をした毛穴の部分は100%に近い確率で二度と再生できません。脱毛処理の煩わしさから半永久的に解放されたいと考えている方に最適です。

光脱毛やレーザー脱毛では処理できない日焼けをしている部分や、反応しにくい産毛でも確実に処理できるメリットもあります。

電気針脱毛のデメリット

電気針を挿す時、微弱電流を流す時に強い痛みを感じます。皮膚が薄い部分は特に痛みを感じやすく、相当我慢強い方でも途中で施術が嫌になるほどです。どうしても痛みに耐えられない場合は別途料金がかかりますが、皮膚に塗布する局所麻酔を使用して施術時の痛みを軽減してくれる場合もあります。

一度にまとめて広範囲を処理できるものではなく、それぞれの毛穴に対して一箇所ずつ処理していくため、施術時間が長くなり何度も通う必要があります。他の脱毛法と比べてもコストが一番高くなります。

基本的には医療機関で施術を実施するため過剰に心配する必要はありませんが、どうしても毛穴からバイ菌が入り込んでトラブルを引き起こしやすい施術になるためアフターケアには十分配慮が必要です。特に自宅で行うセルフケアについては十分な説明を受けてしっかり実践しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です