本来、永久脱毛とは

永久脱毛とは、本来は永久に毛が生えてこない脱毛処理のことを言います。唯一永久脱毛と呼べるのは医療機関で実施する電気針脱毛(ニードル脱毛)だけで、その他の脱毛法については永久脱毛とは呼べません。

永久脱毛と呼べる脱毛法とは

永久脱毛とはエステサロンや医療機関などで第三者に処理をしてもらったり、家庭用脱毛器を使用して処理する方法がありますが、永久脱毛と呼ばるのは医療機関で行う電気針(ニードル)脱毛だけです。電気針脱毛は毛を成長させる毛根組織を確実に破壊できるため、理論的には処理した部分から毛が再生することはありません。

エステサロンや家庭用脱毛器の場合は一時的に毛の成長を遅らせることはできますが、数ヶ月から数年で再生してしまいます。医療機関で行うレーザー脱毛に関してはエステサロンよりも強力なパワーで処理できるため再生する可能性はかなり低いですが、確実に処理できるとは限りません。

電気針脱毛は唯一永久脱毛と呼べると言われていますが、あくまでも理論上の結論なので100%確実に再生しないとは言い切れません。人体の持つ再生能力が発揮されて、完全に破壊されたはずの毛根組織が復活する可能性も考えられるからです。

永久脱毛の定義

こんな部分に毛は要らない!と感じている方にとって、定期的に何度もムダ毛処理を行うのは非常に面倒なものです。できるだけ長期間処理をしないで済む方法として多くの方が検討するのは永久脱毛ですが、脱毛処理の本場である米国電気脱毛協会では脱毛処理を終えてから1ヶ月以内に再生する毛が20%以下なら永久脱毛と呼べると定義しています。つまり、100本処理をして再生した毛が20本以下なら永久脱毛効果があったと考えても良いと言えることになります。脱毛処理後に再生しない確率が高いのは電気針脱毛、レーザー脱毛、エステの光脱毛、家庭用脱毛器の順に考えると良いでしょう。

日本の場合、毛根組織を破壊して毛の再生能力を失わせる永久脱毛は医療行為とみなされるため、電気針脱毛やレーザー脱毛は医師のいる医療機関でしか実施できない決まりになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です