病院


病院では唯一永久脱毛効果あると言える電気針脱毛や医療レーザー脱毛の施術を、医療に関する専門知識を持つ医師か看護師から受けることができます。満足できる仕上がりを実感できますが、どうしても費用が高くなる特徴があります。

永久脱毛=医療行為

ほぼ永久的に脱毛処理の煩わしさを感じずに済むという意味の永久脱毛とは、毛が成長するために必要になる毛根組織を完全に破壊してしまう行為が該当します。エステや家庭用脱毛器の場合はあくまでも毛の成長を遅らせているだけに過ぎないため、数ヶ月から数年経つと再生してくるものです。永久脱毛と呼べるのは理論上で完全に毛根組織を破壊できるレーザー脱毛や電気針脱毛しかありません。

人間が本来持っている毛を成長させる機能を、毛根組織を壊すことで失わせる行為は医療行為になります。医療行為は当然ながら医師が行うべきなので、永久脱毛は病院でしか実現できないとの結論に至ります。

医療レーザー脱毛と電気針脱毛の違い

医療レーザーと電気針の違い脱毛処理を取扱っている病院では永久脱毛と呼べる高い脱毛効果を実感できますが、医療レーザー脱毛と電気針脱毛の両方を実施している場合もあれば、どちらか一方しか取り扱っていない場合もあります。

脱毛効果が高いのは電気針脱毛ですが、痛みが強くて施術時間もかかり、費用が高くなります。医療レーザー脱毛は電気針脱毛よりも施術時間は早くて電気針脱毛よりは痛みは少ないものの、エステで行う光脱毛よりも痛みを感じやすくて費用も高いです。

完全に満足できる仕上がりになるまでにはどちらを選んでも最低1年から1年半ほどはかかると考えられます。どちらも脱毛効果が高い反面で、威力が高くて皮膚トラブルを引き起こす可能性が高い施術になります。病院で医師や看護師が施術を行うから安心できるとはいえ、施術例が少ない病院では技術が未熟な場合があるため肌トラブルのリスクはゼロではないことを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です